ストレッチをしている女性

食物繊維の効果

笑顔の女性

腸内環境を整えるには、効果的な食事を取ることが必要になります。悪玉菌が増えないように綺麗にして善玉菌を増やすようにすることが大切になります。悪玉菌を増やさないようにするためには、腸内の老廃物や便をスッキリさせることが必要になります。すっきりさせるためには、食物繊維を取り入れることが大切になります。食物繊維は、腸内を綺麗に掃除する役割をもっています。主に食物繊維は、海藻類などに含まれていて水に溶けやすい水溶性の食物繊維や根菜類に含まれていて水に溶けにくい不溶性食物繊維があります。

水溶性食物繊維の場合は、血糖値や血中コレステロールの上昇を押せる効果を持っています。不溶性食物繊維は、水分を吸収して膨らみます。膨らむことで腸壁に溜まった老廃物を掃除することが出来ます。また、腸を刺激して、便を出すために腸が動き出す動運動を高めることができます。
便が気になる場合には、不溶性食物繊維を意識して取り入れることで腸内環境を整えることができます。

腸内の悪玉菌は排便と一緒に体外に出るので、食品から積極的に乳酸菌などの善玉菌を取り入れるようにしましょう。
乳酸菌は、ヨーグルトや味噌、漬物などに含まれており、腸の働きを活性化させるだけでなく、アレルギ-症状を抑える効果や免疫力を向上させることや美容などの効果を期待することができます。
乳酸菌が腸内でビタミンB郡を作り出す効果もわかっているので、健康的な身体を作り出すことができます。